ニュース

津久井教生・難病ALS!仕事はいつまで現役?名無しのごんべぇの病気

人気声優の津久井教生(58)さんがあの難病の発表をしました。

これまでに「名無しのごんべぇ」として不可解な病気という事で

一緒に付き合ってきましたが、これからは名前も決まって腹も決まった
という所でしょうか。

津久井教生・難病ALS!仕事はいつまで現役?名無しのごんべぇの病気

という事で書いていきます。

津久井教生さんの病気について(難病ALS)

NHK Eテレ「ニャンちゅうワールド放送局」のニャンちゅう役や、スーパー戦隊シリーズなどで知られる人気声優の津久井教生(58)が2日、公式ブログを更新し、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されたことを公表した

今年3月頃に違和感を覚え、4~5月に体調不良が顕著になったという津久井は、8月23日から9月20日まで検査入院。「4週間における検査と検査治療入院の結果、『筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)・ALS』と診断されました」と報告した。

津久井は「症状も個人差が激しく、かなりきつい病気ですが・・・ なんと今のところ『声』だけは無事の状態でいます」、「現在、自力で歩くことが難しく、ダブル杖と車椅子での移動となっていますが、それ以外は結構元気です」と、現状を説明。

「事務所と話を重ねて、家族の力も借りて『出来る限り前に進む』感じで歩き出すことにしました」、「神様が色々なものを残して下さったので、そこを大事にしながら、そして治療法が無いのであれば、ドクター・理学療法・作業療法の方たちと活路を見つける勢いで進んでいけたらと思っています。病名が見えてきて、さんざんSNS等で書いていた『名無しのごんべぇの病気』のストレスから解放されて、気持ちよく前に進もうと思っています!」と、前向きにつづっている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000127-dal-ent

書いてあるとおり、かなり厳しい状態のようですね。

日常生活も大分きついように感じます。

ALSとは?

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、難病として指定されている、運動神経系が少しずつ障害をうけて使えなくなっていく病気です。
手、足、呼吸器に至るまで次第に自分の意思で動いていた体が
言うことをきかなくなってきます。

日本には約9000人の患者がいます。
謎が多く、治療法も、まだ見つかっていません。

これだけ聞いても深刻さが分かると思います。

私は元々宇宙兄弟を読んでいて知りました。

かなりショッキングな病気でして、一個ずつ体の機能が使えなくなるのは
とても苦しいですよね。

想像も出来ません。

仕事はいつまで現役?

ブログに「出来る限り前に進む」とつづった津久さん。
その前向きな姿勢にエールが相次いでいましたね。

〜名無しのごんべぇの病気〜 という事で

自分につきまとう病気に名前をつけてきましたが

病名が発覚でこれからは本格的な治療というか対策に取り掛かっていくのだと

思っております。

まとめ

津久井教生・難病ALS!仕事はいつまで現役?名無しのごんべぇの病気

という事で書いてきました。

難病という事で、自分だったら同じように活動できるか分かりません。

早く治療法が見つかる事を祈ることしか出来ません。