CM・テレビ・映画

開かずの扉で紹介!由良浅次郎(ゆらあさじろう)の家!山本五十六の密談室か?

開かずの扉で紹介された山本五十六の残した宝というのが気になります。

注目のシーンがテレビで続きワクワクしますね。

お宝は勿論!この建物自体も気になりますね。

そこでこちらの場所について今回は書いていきますね。

由良浅次郎(ゆらあさじろう)について

由良浅次郎(ゆらあさじろう)

明治11年(1878)~ 昭和39年(1964)
和歌山市生まれ
合成染料の国産化に成功した化学工業の先駆者

由良家は消毒液を爆薬として山本五十六に売り出して親しくなったとの事です。

とても深い話ですね。

場所・アクセスは?

和歌山市の和歌浦地区に大豪邸があります。

そこが今回の撮影ポイントのようですね。

ここに立ち寄り、真珠湾攻撃の作戦会議をしていたのではないか?

と言われております。

日本の歴史に関わる重要な事なので大変注目な事ですね。

まとめ

歴史あるところにはお宝もありますね。

貴重なお宝が多くあり歴史を感じぜずにはいられません。

一度行ってみたいですね。

ただ、人の家なので勝手に入ることは許されません!

貴重なものがある!それだけでとても有り難いことです。