飲食ネタ

【ニノ・どらやき】二宮和也が報道各社に贈った桃六和菓子店の商品は

ニノこと二宮和也結婚は正直驚きました。

活動休止まであと一年以上の期間を残し結婚とは・・・

何かしらの荒れ・トラブルが予想されますね。

さてそんなニュースから数時間、報道関係者に贈ったといわれている

お菓子が気になりすぎます。

そこで調べてみました。

ニュースについて

どらやきが届いていない!というコメントが多いようでした。

確かにうちにも届いておりませんね。笑

桃六とは?

東京、京橋にある和菓子専門店です。

営業時間 : 9:00~18:30

定休日 : 日曜日

となっておりますので、基本的な月〜土曜はカバーしております。

オープン日(開業日)は1869年となっておりますので

150年近くは現在の場所で存在していたということですね。

その歴史、商売の強さにはあっぱれです。

令和の時代は、平成と違いよりITが進んだ時代なので

どういった戦略で活動をしていくのか気になるところですよね。

お店はどこにあるの?

東京都中央区京橋2-9-1にあります。

宝町駅から168mとなっております。

オススメ

やはりどらやきでしょう。

どら焼きや、団子焼きで作る商品は美味しそうですね。

是非食べてみたいです。

やはり、報道後から大人気のようですね

ニノの「幸せのお裾分け」は、東京・京橋にある創業150年の老舗和菓子店「桃六」の粒あんどら焼き「一と声」(190円)のオリジナルバージョン。顔文字で「ニノ」「THANK YOU」といった焼き印が押してある。

「桃六」によると、午前9時の開店前からファンが行列。午前中には「一と声」が完売した。生地、あんともに手作りで大量生産できないため、定休日の15日も従業員総出で休日返上、生産する。女将(おかみ)の林房子さん(78)は「昔からの製法で愛情を込めて作っているので、ご了解下さいますとありがたいです」と話している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000287-sph-ent

まとめ

どらやきを贈ったと聞いたときには

今考えるとどらやきは凄い商品です。

安いし、安心するし、懐かしい思いにさせてくれる。

そんなステキな商品を贈るのは、高い商品をもらい重い気持ちになり過ぎない!

そんなポイントはあるのかと思います。

これからもそんな気配りを持って活動していって欲しいと思います。