テレビ

SPA&HOTEL舞浜ユーラシアでアレルギー食品?店名はオーキッドで特定!中華丼にエビ?

舞浜ユーラシアにあるホテルのレストランにて
アレルギー食品の誤表示があったにもかかわらず、謝罪などの対応がなく
態度が不誠実だということが大きな話題になっています。

ツイッターで拡散されてからの対応に非難が出ておりますね。

今回はそんなホテルについて書いていきます。

舞浜ユーラシアのアレルギー食品騒動?

場所はホテル舞浜ユーラシアにある飲食店という事です。

そのためにSPA&HOTEL舞浜ユーラシアの総支配人が謝罪をしました。
これも炎上後の謝罪なのでその場での対応ではなかったようで
その点は残念でありません。




ホテルの店名はオーキッドで特定!




中華丼にエビ?騒動が炎上理由はスタッフの対応

中華丼にエビは当然入っていて、でもないのは珍しいなと思い頼むのは分かります。

女性側の確認ミスも甘くとかもあるかと思いなので
なんとも言えないのですが、スタッフの対応が一番の問題でしょう!

その場でしっかりとした対応をしていれば
SNSの発達した時代で拡散される必要もなく済んだのにと思って仕方ありません。




外食には表示義務はない?

今回の事件は半端にアレルゲンの情報が書いてあった為に起きたものです。

エビは食べれないが、アレルゲン表記にエビの表記がないので
注文したが実は入っていてその後アナフィラキシー症状が出たという。

これも外食産業では7つの食品の表示義務はないそうです。

そんな背景にありながら親切心で表記してしまい
ヒューマンエラーで起きてしまった事ですね。