ニュース

クルーズ船の全額返金で総額はいくらで誰が負担?ダイヤモンドプリンセス号

ダイヤモンド・プリンセス号での新型コロナウィルスの感染者が止まりませんね。このままいけば全員感染していても可笑しくないレベルにすら感じられます。

そんな騒動の中で、船に乗っている乗客全てに対して
全額返金を呼びかけました。

誠意の一つとしての行動でしょうがその額は膨大な額になりそうです。
そんな全額返金の総額や負担は誰になるかも含めて調べてみました。

ダイヤモンドプリンセス船の全額返金騒動

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の運航会社
プリンセス・クルーズが9日に発表しましたね。

今回の騒動では大変な人数がクルーズ船内で拘束される事態になりました。
危ない時期だっただけに、中止にすることも視野にあった筈ですが
こんな形で返金になるのはなんとも言えない展開ですよね。

運行会社のダメージも大きいでしょうから
政府から何かしらの援助を受けての判断かと思われます。

まぁそうなると我々の税金が使われている事になるんですがね・・




全額返金は何億円クラスか?規模はどれくらい?

全額返金だけでなく、ポイントカード的な扱い?の(フューチャークルーズクレジット)も100%還元という太っ腹な対応です。

この偉業は次の次の代まで語られるのは間違いなしです。

払い戻しの内訳は

<1>クルーズ料金

<2>クルーズ前後の航空運賃

<3>クルーズ前後のホテル宿泊費

<4>送迎料金

<5>事前支払いした寄港地観光ツアー

<6>サービス料

<7>その他の料金

また、検疫期間中に利用明細の料金が加算されることもないという。

引用:nikkansports.com/general/nikkan/news/202002090001314.html




概算で料金を予想!返金総額は6億円以上

まず一人あたりどれくらい払っているかですが

ツアーの詳細を見れば分かりそうですね。

今回のクルーズ名初春の東南アジア大航海16日間という名前で呼ばれており
名前で検索をすると出てきました料金が。

クルーズ名 初春の東南アジア大航海16日間<2020年1月20日出発>

旅行期間 2020年1月20日(月)~2020年2月4日(火)

出発地/帰着地横浜港

日数 16日間

旅行代金 250,000円~1,382,000円

客船 ダイヤモンド・プリンセス

引用:https://www.ytk.jp/cruise/tours/1206634_1589.html

一人あたり最低でも25万円かかるのですね・・・

莫大な料金にその旅のゴージャスさが伝わりますよね・・・

そして船内には何人の客がいるのかですが、2666人もの乗客がいるそうです。まさに海のホテル施設ですよね・・・

単純に2,666人×250,000円と考えると665,000,000円となります。
約6億5千万円です。

その途方もないお金の返金という事で社長の意思決定の強さが分かります。
当初から頭の片隅にあったかもしれませんがGOサインは中々出せるものではないでしょう。




現在は何人が感染している?いつ出てこれる

日に日に増えていき現在は70人を超えたという事で
一部の人の発言ではウィルス船とまで言われております。

実際にこの潜伏期間というのが非常に厄介であり、とてもではないけど
すべてをフォローするのは難しいでしょう。

船内には多くの高齢者、持病を抱える人もいるのでまずは船から降ろして
違う施設での経過観察を行った方がよさそうです。

今後も増えていくと予想されるので速い決断が望まれます。