ニュース

神戸市児童相談所で小6女児追い返し男性職員は誰で名前は?社会還元センターグループわ

神戸市の児童相談所に勤める男性職員が職務を全うせず女児を追い返したとして話題になっております。

午前3時に来たという女児なだけで緊急性が問われるというものですが・・・
この男性職員はそんな判断すら出来ないのか?

そんな男性職員について、今回の事案について調べていきますね。

神戸市の児童相談所で男性職員が職務放棄か

真夜中に助けを求めて訪れた小学6年の女児に対して
「警察に相談しなさい」と伝えて追い返していたことが18日に同センターへの神戸新聞が報道しました。女児はその後、交番に保護されたという。

この問題は非常に大きな問題です。
職員が言うには「大きい子で緊急性が感じられなかった」と言っているとか。
しかもインターホン画面を通してのみですよ。
この時点でありえません!訪ねてきた女児に直接会いもせずにそのような判断をするとは
もう信じられません。
寒い中ですし、室内に入れて飲み物一つだして話を聞くのが普通でしょう。

それに、緊急性がなければ行っては駄目なのか?というかそんな時間に訪ねてきた女児を
そのような扱いで突き返すのは、どうゆう神経をしているのか疑ってしまいます。

少なくとも女児は「その人(児童相談所職員)」に助けを求めている訳であり
そんな対応が許されるわけもありません。
処分の内容が問われます。

下手したら亡くなっていたかもしれない・・・
そんな風な考えでなくては、児童相談所に勤めては駄目なのでは?と最悪の出来事を想定して行動して欲しいですよね。

少なくとも、警察に一緒に行くくらいはして欲しい所ですよね。




児童相談所の男性職員の名前や顔画像は

さて、この男性職員の名前や顔画像はないのか?検索をしてみましたが
特に見つかりませんでした。

ボランティア団体とは言え、任されている事を全うもせずにボランティア活動している
なんて言って欲しくないですよね。

もう団体全体で信用出来ない話ですよ・・・
他の人がどれだけよくても、この一回の行動の罪は計り知れません。

少なくとも、この「社会還元センターグループわ」への委託は
辞めたほうがいいかもしれませんね。

このボランティアの職員のように報告が出来ないかも知れません。

・係長への報告をしなかった

・マニュアル通りの対応をした

という報告が上がってきているように
こんな感じの対応しかしてくれない可能性が高いです。




児童相談所「社会還元センターグループわ」とは?

調べていくと、夜間や休日などの時間を委託しているNPO法人という事が分かりました。
なので児童相談所ではありますが、今回の不適切な対応はNPO法人の「社会還元センターグループわ」という事です。

「社会還元センターグループわ」に関しては以下記載します。

特定非営利活動法人 社会還元センター グループ わ

所在地  〒651-1106
神戸市北区しあわせの村1番16号(H29年7月1日町名変更)
神戸市シルバーカレッジ内
(TEL 078-743-8101 FAX 078-743-3830)

設立登記日 平成16年4月27日
(前身の神戸市シルバーカレッジ社会還元センターグループ わ は平成9年7月22日設立)

約60のグループが、それぞれ自主的に、様々な活動に取り組んでいます。小学校、児童館、福祉施設などで ボランティア活動をおこなったり、国際交流や環境保全に取組んだりしています。

会員が居住する各区(東灘区から西区までの9区)に区会を置き、各区会内のグループが、地域に根ざしたボランティア活動を行って います。

引用:http://www.wa-net.jp/www-wa-net-jp/html/about_wa.html

どうやらボランティアのいち団のようですね。

地域に住む人にボランティアとして活動してもらい、様々な分野にいるようです。

今回も「こども家庭センター」に依頼委託されて
ボランティアにあたっていたという事になりそうですね。

ボランティアだから許されるわけでもなく、委託した児童相談所の責任も免れません。




SNS(ツイッター)の反応は?




まとめ

今回の件で思うのは、限られたスタッフ間で業務を行うのは大変だと思うので
深夜帯は任せてもいいかと思います。

ただ何かあり緊急性が高いのは深夜なのかな?とも思っておりますので
マニュアルを見直す事、信頼あるところに任せる事を見直したほうがいいと思います。

少なくとも今回の対応は最低だということは誰が見ても明らかですよ。

改善を願います。