ニュース

諸田洋之事務所や親自宅住所はどこ特定?静岡県議がネットにマスク転売疑惑

焼津市出身の諸田洋之県議がインターネットにマスクを大量出品して
小銭とは言い切れない金額を取得しているのが分かりました。

本人は転売ではないので問題ないといっているようですが
そういうレベルの問題ではないと思うのですが・・・ね。

今回はそんな怪しい諸田洋之県議について調べてみました。

静岡県議がインターネットオークションで高値でマスク販売

静岡県議がインターネットオークションサイトでマスクを大量出品していた事が
分かりました。品薄状態の続くマスクでこんな形で販売をしている。しかも県議がということで私腹を肥やすためにやっているとしか思えませんよね・・・

あり得ない報道に対して各地から反発の声が上がっており
現在は縮みあがっていることでしょうか。

本人は今回の出来事に対して「転売品でないので問題ない」と発言しているとか!
落札額についても「出品時は1円からスタートしている。落札は相場価格だ」と正当性を強調したが、「異なる見方もあるので」として入札価格が74万円台になっていた医療用マスク2千枚セットなどの出品を6日、取り下げたという。

この値段で売りつけようとする精神がヤバいですが、それを買おうとしている人が
いる現状もヤバいですよね。




マスクの仕入先はどこ?総額いくら稼いだ?

報道によると、医療用マスク2千枚セットを40回以上に渡り出品と書かれております。
この数が異常なのは分かりますよね?

計8万枚ですよ。法人や協力者がいない限りそんなに抱えていないですし
一生涯で持つかどうか?そもそも家に置いておこうとする数でないのは確かです。

一体どこから入手したのか?その経路は下記の通り発言をしております。

「経営している貿易商社で数年前に仕入れた在庫の残りを出品しただけで転売ではない」と話しています。在庫の大半を業者に販売し、一部を県外の医療機関などに寄付、残りを出品していたということです。

引用:ヤフーニュース

総額で1000万円以上は稼いでいると思われます。
こんな事態になることを予見出来なかったのか?考えがバレバレですので
行動は控えてほしいですね。




焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)は何者?過去に維新の会所属も

この静岡県議は何者なのか?調べてみました。
奥さんはいて、息子が3人もいるようです。
一緒に転売していたのか?知っていたのか?という事は気になりますね。

もし知らなくて、こんな形で父が稼いでいたらと思うと本当に嫌ですね。

諸田洋之(もろた ひろゆき)

生年月日:昭和41年9月15日 54歳

学歴:静岡県立島田工業高校 → 法政大学大学院

職業:静岡県議員

株式会社 来夢

家族構成:奥さん 息子3人 ペットにウサギ

長所:プラス思考

短所:短所を短所と思わない所

過去に維新の会から出馬していたとか!
最近の活動はもっぱらないのですが、2012年当時のアンケートに下記の通り
記載があったそうです。

・憲法改正に賛成
・原発再稼働賛成
・TPP賛成
・女性宮家反対




奥様の名前は諸田久乃?株式会社来夢と彩色堂の関係は?

なんとこの諸田洋之建議の運営している会社に
奥様の名前みたいのがのっております。

どうやら株式会社来夢は彩色堂(さいしきどう)という店を運営しているようですね。
楽天の出品でインクをメインに販売しているようです。

〒425-0077 静岡県焼津市五ケ堀之内981-1

TEL:054-260-9026 FAX:054-292-7497

代表者:諸田 洋之

店舗運営責任者:諸田久乃

店舗セキュリティ責任者:諸田久乃

引用:https://www.rakuten.co.jp/auc-sorafune/info.html

インクセット5セット以上の購入でマスクをプレゼントと書いてありますが
現在は在庫ないので終了と書いてありますね。

これも今回の炎上ニュースを経てでしょうか?
気になる所です。




諸田洋之県議の自宅住所はどこ?

マスク転売で(もはや)炎上している諸田洋之静岡県議ですが
自宅住所はどこなのでしょうか?すでにマスコミが殺到しているハズで
自宅周辺には多くのマスコミがいそうですよね。

一般には、自宅住所などはあきらかになっておりません。

生まれは静岡県焼津市出身だそうで、また、現在の住所も静岡県焼津市なので
生まれ故郷にずっと住んでいるということでしょうか?

同級生も近くにいそうなので、色々と説教されてそうですね。
友人の話にしっかりと耳を傾けて反省して欲しいと願います。




メンタリストのDaiGoが批判で称賛の声!

「議員ですらマスクをヤフオクに出品する時代になったようですが、1円で出品したから暴利を貪ろうとしたのではない、の言い訳に心理学的に反論すると【開始価格が低いほど入札が殺到】して、結局高く売れる。魂を売った後、売るものがなくなると人はかくも醜くなるものなのですね」と議員の行動を痛烈に批判した。

「マスク大量出品の議員がいたことがなぜヤバいかって、この状況でマスクを出品したらどうなるか、その程度の判断もできないやつが、【税金の使い道と法律】を決めてるってことです。マスクで小銭稼ぎするやつの作った法律に誰が従うんだって話ですよ」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000046-tospoweb-ent

心理学の一面からの適切な解説を加えてくれました。

言葉にどうしても出来ない感情みたいなのが言葉になり嬉しく思います。
心理学の観点からというのも実にいいですよね。
少し勉強したくなりました。

この社会情勢を感じ取り行動して欲しい!率先して動いて欲しいのが
国を変えていこうとする人たちですよね。最近では一番に自分の利益を追い求めているような気がしますので、なんとか全体的に変えて頂きたいですね。