テレビ

激レアさん!細江健太郎の出身年齢プロフィールや勤務先は特定?妻奥さん子供は何人

3月8日の激レアさんにて細江健太郎さんという方が出演されるようですね。
本来は毎週土曜の夜に放送の番組ですが、今回は日曜の朝に特別編ということで
放送されるそうで注目です。

激レアさんは世の激レアな人を連れてきて紹介するというシンプルながらも
その激レアさんのキャラに惹かれ面白い番組となります。

今回紹介される細江健太郎さんについて見ていきます。

激レアさんを連れてきた。特別編について

どうやら今回の放送は再放送の可能性がありますね。

特別編ということで定期的に過去を振り返ったりしているのかも知れません。
このような形で本編以外で過去のバックナンバーが見れるのは実に魅力に思います。

24時間ソフトボールなんて気になりますもんね。
しかも一人で24時間審判とか何者?体力もヤバいし色々と意味が分からなくて
ある意味で怖いですよね。

24時間なんて起きているだけでもしんどいのに
しかも審判とか・・・座れるわけでもなさそうなので大変さが想像できない。




激レアさん細江(ホソエ)さんの24時間ソフトボール審判とは?

岐阜県に24時間ソフトボールという名前そのままの競技があります。
その競技は1995年頃からノリで初められたものと言うことですが、現在まで続いているのも凄いことですよね。

24時間と言っても同じ選手が24時間やるとかでなくて
日中しか出来ない子供の部、夜は大人の部と分かれて何回点かして行うみたいですね。

そして、現在は

「門和佐(かどわさ)」と「和川」という二つの地区の地域対抗戦です
そのため、一般参加は出来ないのでやりたければ住民になるべしですね。
※和川はどこか不明ですが門和佐は出てきます。
※岐阜県下呂市門和佐

現在は4年に1回になったそうです。理由は体力が持たないからだそうです。
確かにしんどい内容なので4年に1回でも問題なさそうです。




ルール等詳細は?色々とアバウトで時間交代制

特徴をまとめると以下の通りです。

お年寄りも参加するため、4年に1度の開催になっています。

小学生、女性、大人などに分かれており、時間交代制です。

ルールはアバウト
「お年寄りの代わりに代走」
「ルールの分からない子供には付添い」
「参加人数も得点に加算」
「70代は2点、80代は3点」
など、独自のルールがあり判定困難なケースもあるそうです。
※2019年は、120回まで書き込めるスコアボードが「471対338」

「471対338」とか!普通にやっていてもこんな展開にはなり得ないかなと・・・
この独自ルールが点数を押し上げている原因ですね。

地域に密着して、みんなで出来るスポーツということですので
地域住民の触れ合いの場所というのが分かります。




細江健太郎さんのプロフィールや経歴!奥様や子供についても

本来は審判も交代制なのですが
2015年の時に大好きな長渕剛さんのコンサートに行ったので今年は自分がすべてやるという事で、24時間審判に挑戦したとか!
※しかも塁審も含め全て一人とか・・・

さてそんな激レアさん!に出てくる細江健太郎さんについて調べてみました。

調べてみたのですが、特に何か判明している事は少ないですね。

Facebookを見ると子供の写真があるので
奥様はいて子供はいて41歳くらいというのが分かります。

岐阜県下呂市に出身在住と書いてあるので、今も住んでいるのでしょうね。

次の開催は2023年、次は普通に参加するんでしょうか。
少し期待してしまいますね。