ニュース

赤木俊夫の手記全文や遺書内容は?顔写真や妻と出身大学について調査

週刊文春のスクープでまさかの報道が出ましたね。
2年ほど前の事件ではあるので記憶にも薄れつつありますが、未だに考えても
強烈な事件ですよね。

その当時の公務員であった赤木俊夫さんが責任をとり亡くなっての手記全文や遺書内容は?顔写真や妻と出身大学について調査しました。

赤木俊夫さんの手記全文が公開!やはり佐川局長が悪か

かなりビックなニュースが週刊文春より報じられました。

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかった。

引用:週刊文春

毎日罪の意識に悩み、最終的に死を選んだという悲しい内容になります。
死の直前まで悩み苦しみいた赤木俊夫さんの思いは決してこのまま放置してはよくないと
語りかけております。

当時の佐川局長も相当な立場にいたと思われますが、下の職員は更に罪の意識に苛まれていた事がわかります。

よくネットでも言われておりますが、尻尾を切って終わらせている感じの
この話は再度蒸し返しても責任をとらせる必要があります。




赤木俊夫さん遺書内容は?

「ぼくの契約相手は国民です」この言葉がどれほど真理を突くか!政治家の人には分かっていただきたいですよね。契約しているのは国民というのはまさにその通りでして、理想の考えではあります。

つまり国民の為に、日本のために働いておりますという責任感。
この責任感が赤木さんをここまで苦しめたのもありますが、持っていて欲しい気持ちですよね。

手記(遺書)の内容は簡単にいかの通りです。

「手記」と題されたA4で7枚の文書は、自殺当日まで書かれていたとみられ、「すべて、佐川理財局長の指示です」「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など、当時の財務省、および近畿財務局の幹部らの言動について実名で詳細に綴られている。また「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」などと同省の対応を強く批判しており、赤木氏自身、そうした不法行為に加担させられて心身ともに苦しんだ様子もつぶさに記されている。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/36667




赤木俊夫さんの経歴顔写真や出身大学は?

赤木さんの顔画像や経歴について調べてみたのですが情報があまりありません。

赤木俊夫さん(享年54)

岡山県出身

立命館大学法学部(夜間コース)

職歴:財務省近畿財務局管財部 上席国有財産管理官

過去に遡ればどこかにあるかと思いますが、顔画像は確認出来ませんでした。




妻の訴えても黒川検事長により退けられる可能性

ヤフコメでは以下の書き込みがありました。

黒川検事長を検事正にしてしまうと赤木さんの未亡人が佐川を訴えても不起訴にされてしまう。
安倍晋三の狙いはここにあったのか。

黒川検事長の定年延期問題で検事正(検事正 は地方検察庁(地検)の最高責任者)になる可能性が十分にあります。

安倍政権ではこの構造を作り、逃げ道を確保していたと言うことですね。
そんなシナリオを最初から組んでいたとすると怖くて仕方ありません。

しかし、そんな黒川検事長だから罪は問わせないという形で終わらせるのは
国民が許さない状況であるのは十分理解して欲しい所です。

この事件はしっかりと真っ向から真剣に取り組んで欲しい内容です。