事件・事故

上級国民の定義とは何か?職業一覧や出身大学!年収や元ネタも

最近になって

上級国民という言葉が世に溢れております。

上級国民とはなんぞよ?ということで世間で認知されている

または理解されている傾向にあるものを調べて見ました。

そんな差別的なものはあってはなりませんが

やはり国民一人一人に価値は割り振られているように感じます。

よくいう天下りとかが典型例ですよね。

そこから見えてくるのはなんなのか?色々な意味で調査してみたいと思います。

話題の発端

4月19日正午すぎ、東京豊島区東池袋で乗用車が暴走し歩行者をはねる事故が発生。数人が重軽傷を負い、自転車に乗っていた母娘2人が死亡した。
運転していたのは87歳の男性で、同日の共同通信の記事によれば、

警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断、男性を逮捕せず任意で捜査を進める。

https://this.kiji.is/491880325461312609
とのこと。この報道に対し一部ネットユーザーは、男性が元通産省官僚で大企業の元副社長だったことなどから「上級国民だから逮捕されないのではないか?」と反発している模様。20日お昼の時点で、『Twitter』のトレンドに「上級国民」がランクインする事態となっているようだ。
引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_2145749/

もともとあった言葉ですが、今回の池袋で起こった事故に関して

特別な地位にいた人という事からか

逮捕も、実名も中々出て来ず、実名出たと思っても「さん」つけだったりと

待遇があきらかに違う事に国民は怒りました。

これが【上級国民】かと。

本来なら即逮捕案件ですが、容疑者は怪我をして高齢な事もあり観察保護みたいな扱いで
このまま逮捕されないで終わる事もあるとか・・

これはさすがにおかしいと叩かれている次第です。

【上級国民】なんてあってはなりませんし、罪は償うべきです。

上級国民の定義とは?

上級国民とは (ジョウキュウコクミンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

上級国民(じょうきゅうこくみん)とは、一般国民と対をなす、日本国民の身分を表す概念のひとつである。
引用元:上級国民とは

つまり誰?って感じだが

ことの発端は東京オリンピックエンブレム問題に遡るという。

元ネタとして、デザイナー佐野氏の採用問題があります。

結果、盗用疑惑が出てなくなりましたが

簡単にいうと、優れた結果を出している人への優遇ですよね。

本当はあってはなりませんが、そういったことが現状あるようです。

社会に広く影響を与える仕事をしていたり、豊富な資産を持っていたりなど、一般国民の目から見て「飛び抜けた勝ち組」として映る人が上級国民という称号を得ることができるのです。こういった人々をまとめて上級国民と呼んでいるわけです。

職業一覧や学歴

学歴について調べていくと六大学や国立大学はまず一つの基準となってます。

職業は以下が多いです。

①政治家
→やはりこれは鉄板です。

②公務員
→色々と守られているんですかね。

③芸能人
→やはりバックには誰かいるということか。

④弁護士
→正義の味方はすり抜けもうまい。

⑤スポーツ選手
→有名選手の中でも有名な人は逮捕されないだろ。

⑥大企業の役員
→まさに上級国民というところか!

⑦学者
→人類へ功績を残した人は守られる。

個人的見解も多々ありますがこんなところでしょうか。

年収

調べたところ、1,000万円以上という声が多かったですね。

サラリーマンに限定した場合、全体の4.5%となっております。

また、年収1,000万円以上の男性・女性別の人口割合は
男性が6.9%、女性が0.9%となります。

まとめ

やはり人間はみんな一緒で一般も上級もないと思いたいです。

公平に対応して欲しいですよね。

上級国民について、少しでもイメージに繋がれば幸いです。

最後までみてくれて有難うございました。